違いは水分量

症状から見ると全く反対に思える下痢と便秘ですが、両方とも大腸の運動が乱れ、便に含まれる水分ののコントロールがうまくいっていない状態です。材料も製造場所も同じ。違いは水分量だけです。

便秘

ガンやポリープといった腸の異常が原因となる「器質性便秘」と異なり、病変がなく体質や習慣などが原因で起こる便秘は「機能性便秘」に区分されおり、過敏性腸症候群の便秘型は「器質性便秘」とされています。

実は明確に定義されていない便秘。便通のサイクルは個人差が大きく、排便が数日以上なくても本人が気にならなければ便秘とは言いいません。その逆に、毎日排便があってもスッキリしなかったり、排便後にガスがたまるような不快感を伴う「隠れ便秘」というケースもあります。

機能性便秘は大まかに3つのケースに分けられていますが、過敏性腸症候群に多いのは「けいれん性便秘」です。

弛緩性便秘
腸の蠕動運動が弱い。押し出す力が弱い。
直腸性便秘
便意を感じにくい。残便感
けいれん性便秘
自律神経がみだれることにより腸の動きに異常がでる。

「けいれん性便秘」は、自律神経の乱れから腸の蠕動運動が強く/弱くなりすぎることが原因。便の水分が吸収され過ぎすぎることで便量がぽろぽろになり、質量が減ってしまうため便意が鈍くなり排便しにくい状態になる。

下痢

腸の動きが強くなりすぎるため、水分を吸収しきれないまま排便される下痢。過敏性腸症候群には「おなかの弱い人」が多いため、急に食べては下痢になる。食べ過ぎても下痢になる。腹が冷えては下痢になる。出勤前にも下痢になるなど下痢に悩まされている人は多いのではないでしょうか。

下痢にもさまざまなタイプがあり、一度にガッと出るのもあれば、各駅停車型の下痢のような、少量ずつ何度ももよおすパターンもあります。正直、何度ももよおしているとおしりへの負担がキツイ。。

出せばスッキリするようなら特に問題ありませんが、発熱・嘔吐・強い痛みがあったり、便の様子がいつもと違う場合は食中毒や別の病気の可能性があります。

ページトップへ戻る